あなたの不要品は誰かの宝物:買取店に持っていく話

お酒を売る話

1等が当たりました。

年末に忘年会があったのですが、ビンゴ大会の商品がとても豪華でした。3位がタブレットで2位がゲーム機、そして1位が箱入りのウイスキーでした。ビンゴ大会が進んでいきますが、私は非常についていたようでなんと1位が当たりました。とても嬉しかったのですが良く考えると私はウイスキーは飲めません。ビールを少し頂くくらいでお酒があまり得意なほうではないのです。周りへの都合もあり喜んだフリをしましたが、本音をいうと2位のゲーム機のほうが良かったと思っていました。 家に帰りその豪華な箱に入ったお酒を見てみましたが、飲む気にはなりませんでした。誰かにあげようかと一瞬思いましたが、かなり高価なものなのでそれも勿体無い気がしていたのです。

こっそりと売却しました。

悩んだ挙句、お酒を売ってしまおうと考えたのです。最近はお酒の買取もだいぶ流行っているようでインターネットで探すといくらでもお店が見つかります。こんな高いものだと買取の値段もだいぶ変わると思ったので、自分の足で買取ショップをめぐることにしたのです。都内にあるお酒の買い取りショップを3件ほどめぐり見積もりをしてもらいましたが45000円、52000円、47000円という結果でした。こんなにも高いものだとは思っていなかったので非常に喜んだのを覚えています。結局2件目のお店で買取をしてもらったのですが、相当高級なお酒だったようで店長さんも喜んでいました。お酒というのは人によっては苦手ですが貰ったりする機会も多いです。買取ができるということを知っておくと良いと思います。

ページのトップへ戻る